Tissu paper box

ティッシュペーパー ボックス


カルトナージュ・キットへの思い入れ

お手洗い用のごみ箱とペーパータオル入れ

お手洗い用のごみ箱とペーパータオル入れ

バレリーナのシルヴィ・ギエムのサイン入りカードを額装したものに合わせて作りました。
額縁から手作りで、フレンチ風フレーミングを習っていた時に制作。

 カルトナージュは、2001年から、日本で、フランス人の先生も含めて数名の先生に、きちんと習いました。
ですから、厚紙のカットから設計・組み立てまで自分で出来るようになりました。
でも、今でも、「さくらほりきり」というお店で買う好きなキットがあります。
というのは、これには思い入れがあるのです。

 JRの浅草橋・総武線脇に、「さくらほりきり」の二階建ての小さな建物(支店というのでしょうか)があって、二階に、キットの完成品が展示してあります。

始めて、ふらっと立ち寄ってみたら、一番奥に新企画のコーナーがあり、どう見てもカルトナージュを意識したこの作品が並んでいたのです。
アンケートが用意されていて、もし商品化されたら買いますか?、セットの布はどれが好みですか?など、そういう感じの質問だったと思います。

 その頃は先生についてカルトナージュを習っていたので、それはもう真面目に答えて、商品化されたら是非買いたい!と帰ってきました。
まだ、材料が手に入りにくい頃で、パソコンでカルトナージュと検索しても、エジプトのミイラしか出てこなかった頃です。

 そのことを、すっかり忘れていた数年前、東京ドームのイベントで晴れて再会。商品化されお披露目されていたのでした。

すっかり忘れていたくせに、嬉しくて買いました。

 

お気に入りのティッシュボックス・キット



自分の手持ちの布を貼り、作り方は基本的なカルトナージュ技法で仕上げています。
この商品のすごいところは、わざわざ縦型ティッシュを買わなくても、どこででも売っている安い薄型ティッシュの中身が使える点。 

内箱が付いていて、入れ替えられるのです!画期的でした。

それに、一枚の厚紙から組み立てるタイプなのに、角がきちんと直角になる点も気に入っています。
これは凄いことなのです。

角が直角の方が貼りやすいし、きちんと感(きちんとした感じ)があるので、私は好きです。

 

 

さくらほりきりの商品ページ、「ティッシュ」で検索してみよう。

 

 

 

 


 

Pocket