Profile

プロフィール

 

始まりはこの一冊から・・・

Laura Ashley Home Decorating1980年代、ローラアシュレイのお店がまだ日本で新鮮だったころに買った本です。

もともと、インテリアが好きで高校生の時に、木製アクセサリー掛けを作ったり、自分の部屋のカーテンとベットカバーを作ったりしていました。
ただ、四角く縫うだけのもの・・・。

この本は、大人になってから手に入れた本ですが、私の大のお気に入り。 洋書集めのきっかけにもなりました。
布を基本にコーディネートされた壁紙や小物雑貨たち。溜息をつきながら何回眺めたことか・・・。

 

お稽古の再開、気づくとレッスン講師

子供中心の生活から解放された頃、中断していたお稽古を再開
レッスンを通じて仲間も出来、作品展などにも参加。

その後は、つぎのとおり

2003年
カルトナージュのグループ作品展に初参加。
2004-2006年
仲間たちとものつくりビックギャラリーに→ビックサイトでの催し参加
テーブルコーディネートでは恵比寿麦酒記念館での発表会に参加するなど活動。
2005-2006年
ビジャー香代子先生カルトナージュ作品展に参加。
2005年1月から
自宅アトリエにて、カルトナージュとソフトファニッシングの紹介制サロンを開始。
2006年から
横浜元町でカルトナージュ教室・インテリア茶箱のレッスンを開講。
秋には、仲間と三人展開催。
2007年 2008年
3週間・2週間と 2年連続 スキルアップのため渡仏
ビジャー香代子先生・ドミニック先生のご自宅レッスンも受講
2007年以降
中目黒のショップにて、レッスン&作品展3回 丸4年 店舗移転につき終了。
同時期 横浜高島屋にて 展示販売会に 毎年出展
ドレ―パリー横浜でのレッスン・ドレ―パリー横浜HP内にネットショップ開設
(運営は、ドレ―パリー横浜)
2007年11月
パリコレに30年以上出展しているデザイナーの方から、貴重なフランス古書の保存箱を受注納品

赤い洋書保管箱
デザイナー自ら指定のフランス製クラシックな紙を表に使用して美的に優れたものを制作。
本体には、汚染ガスを吸着する・長期間の酸・アルカリへの高耐久性・高耐光性、 優れた防かび性を持つ長期保存用中性紙を使用。
箱に入れたまま閲覧出来るよう工夫した巨大な箱を6点を納品いたしました。
2008年・2011年
インテリア茶箱展示会に参加
自由が丘・グランドプリンスホテル新高輪 一穂堂にて
2012年・2013年
城ケ崎海岸 カフェ ブリッジにて、展示販売&レッスン
2015年
日本テーブルデザイナー協会
テーブルデザイン・カルトナージュ・インテリア茶箱作品掲載

その後は、自宅を開放。桜の時期に、お花見会と称して、作品展3回開催。
現在は コンパクトライフに移行。後半人生に向け、思案・計画進行中。

 

資 格

(社)日本テーブルデザイナー協会認定講師
ブリザーブドフラワー&テーブルデザイン認定講師
インテリア茶箱クラブ認定特定インストラクター
(株)日本ヴォーグ社認定 フレンチデコディプロマ講師
(社)日本グルーデコ協会認定ディプロマ講師
(社)日本フードアナリスト協会フードアナリスト 他

掲載本

「アンティークショッピングガイド」 ギャップジャパン
「サロネーゼ入門 向坂留美子著」 静山社
「優しい食卓」恵比寿麦酒記念館での展示掲載 優しい食卓
「お部屋が華やぐ極上収納 インテリア茶箱」 桐蔭書院
「リネン&コットンと暮らす。vol.7」 日本ヴォーグ社
「二十四節気 テーブルデコレーション」食卓からのメッセージ 優しい食卓
美しく暮らすための上質収納「インテリア茶箱の世界」 インプレス

※本のリンク先は、amazom または rakutenとなっております。


 

ACODECO AKO

 

 

 

 

 


 

Pocket