インテリア茶箱レッスン

ACODECOデザイン・オリジナルオットマン


茶箱を家具のように仕立てるレッスン 1Day Lesson

オリジナルオットマン

オリジナルオットマン

ソファに座った時、足を乗せるのに程よい大きさ。

通常の半分の高さの茶箱(43×29×高さ18センチ)を使い、
家具らしく見えるように脚を付けて、オットマンに仕立てました。 

これが作りたくて、インテリア茶箱のインストラクターを取得しました。 

新聞や月刊誌を収納するのに便利なインテリアにもなる万能茶箱。
補強板が入っているので、小さなお子様が座っても安心。

本体内側には、写真のように 内貼りをすることも可能。

カルトナージュに慣れている方なら、本体作成日に出来ます。


オットマン内側

オットマン内側

レッスン自体は、茶箱本体と、脚を付けるまでです。
内貼りは別レッスン。別日程・同日いずれも可能。

装飾のスカートは、作り方の書類を無料でお分けしますので、
ご自分で作ることも出来ます。

クラシックなソファに付いているハコヒダのようなスカート。
直線縫いだけで出来るので、難しくは有りません。

スカートなしでも様になります。お好みで!

こちらには自作の刺繍を付けています。

外レールと呼んでいる出っ張ったところに、ポンポンブレードやトリミングなどをつけるのも可愛い。

特定インストラクター修了書

インテリア茶箱クラブ
特定インストラクター修了書
卒業制作がこのオットマン

 

 

 

「ACODECOレッスンのお申し込み・お問合わせ」フォームへ
form-button-71b74d

 


 


My tea box utilization

私のお茶箱利用法

 

海苔缶Mサイズ


愛用の一眼レフデジカメ、コンパクトデジカメ、レンズなどを収納。
右側(下)は、中国茶セット用。

テーブル上においても気にならない大きさですし、
飾り棚にピッタリサイズ。

カメラ関係は、この茶箱一つに収納。
レンズにカビが生えることがあるそうですが、これなら安心。
湿気に弱いものを入れるのにピッタリです。

すぐに使えるように、いつもリビングに置いています。

大事なビデオ、DVD、本などを収納するのにも適しています。

 

10Kサイズ


 ここには、私のお宝・ヴィンテージファブリックを収納。
昔の布ですし、湿気は厳禁ですから茶箱に入れておけば安心。

茶箱は20年・30年前の衣服でもしっかり保存してくれます。

昔、母が若い頃にオーダーして着用していたもの・・・
気に入っていたので、捨てられなかったそうです。

茶箱に保存していたので、虫食い一つ無く、綺麗な状態でしたから、
18歳の時の私が、着て外出したことがあります。

グリーンのチェックのものや、
ウエストがしまってフワッとしたスカートなど。

デザインも、ジパンシー風というか
ヘップバーンが着るようなイメージで可愛く思えました。

洋服のことで、知らない人に声を掛けられて色々説明したりして・・。

旧家で、何間も続く和室に、
茶箱に保存された着物が
広げられていた光景をテレビで見たこともありますが、

60KS(叉は、60K)サイズですと、畳紙に入れた和服を平らのまま
しまうことが出来ます。

 

5Kサイズ


台紙に巻いたブレードやリボンを収納。
台紙を横向きに入れると、
高さが丁度良く何種類ものブレードが一目瞭然。

お茶箱レッスンの時に、これを持って移動。大変便利。

蓋のところに、パール付きブレードを付けたので、
閉めた時に丁度一列にパールが見えるところが気に入っています。
手前の飾りもオリジナル。革のテープにブレードやリボンを貼り、作成。

手前の瓶には、椅子用の廟が入っています。
いつか側面に、廟を打った職人風の茶箱も作りたくてストック。
パリで、専用の廟も購入してきたのですがまだ実現せず。

 

25Kサイズ


これらは、カルトナージュ・初級コースで作る作品なのですが
テーブルのように見える青い部分・・・

これが茶箱。

ブルーのモアレで仕上げた25K茶箱。

インテリア茶箱は通常上部に、ウレタンを入れるのですが、入れずに
綿だけにして テーブルのように使うことも出来ます。

いつもは等身大の鏡と組み合わせて、
紺×白布で作ったカルトナージュの引き出しや、
トレイなどを置いて、使っています。

蓋上にガラスを置くと、更にテーブルとしての機能がアップ。

茶箱にはキャスターをつけることも出来ます。。

掃除をする時、簡単に動かせますし
(普段はストッパーをかけておきます。)

底がキャスター分浮いているので、クイックルワイパーなどが
すっと入り、お掃除簡単!好都合。

 

スツールサイズ


アトリエ兼レッスンルームに置いてあります。

スツールには布を入れたり、袋に入れた型紙やクリアファイルなどを
縦に収納出来、更に座れるという優れもの。

 

これもスツールサイズ


だいぶ年季が入っています。
ポンポンブレードは飽きたので、今は取って使用。

布を張り替えたり、模様替え出来るのも魅力です。

この布の組み合わせは、一頃大変気に入っていたのですが、
フランスの手芸雑誌「Marie claire idees」に
同じ布を貼った木箱を発見。

同じ布!しかも同じような使い方に感激して、更に好きになりました。

実家にも、全くおなじモノがあります。
母は、海苔を入れていました。

同じ布で、カルトナージュも随分と作りましたが、
ビックサイトのイベントにて販売。
アンティークショップに買われていきました。今は何処に!?

 

1Kサイズ


これは、パウダールーム用。
中にはペーパータオルのストックを入れています。

パウダールームだけは、淡いピンクでまとめています。

こういう可愛いタイプも好きなので、せめてプライベートルームだけは、
女性らしいインテリアにしています。

実は、まだ茶箱があるのですが写真を撮っていないのでここまで。

カルトナージュだけでなく、茶箱も
我が家の収納兼インテリアに随分と役立っているようです。

 

 

「ACODECOレッスンのお申し込み・お問合わせ」フォームへ
form-button-71b74d

 

 

 

 


 

Pocket